BLOG

相手に「何をしてほしいか」を意識した文章を書こう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
cbc53e6f63b03ecf881116d5b47d168b_s

こんにちわ。

新潟でホームページ集客に取り組んでいる富澤です。

 

今回は、ライティングについて書いていきます。

 

 

ライティング、文章力というには
経験を重ねれば重ねるほど身に付いていくスキルです。

 

 

最初は書くことが苦手だったり
何を伝えていいのかまったく分からないこともありますが、

文章力を鍛えるには実践あるのみです!

 

 

文字にするとなかなか伝えることは難しく思うのですが
普段、人と話しているイメージで文章を書いていくと
意外と書きやすくなったりします。

 

 

いいこと言おうとか
綺麗な言葉を使おうなんて思わなくて大丈夫です^^

 

普段しゃべっている言葉をそのまま書くように意識しましょう。

 

そうすれば意外と簡単に文章を書くことができますよ。

 

 

相手に何をしてほしいかを明確にする

 

ホームページで収益化させるためにとても重要なことは
相手に何をしてほしいか明確にする文章です。

 

 

会社のホームページ、ブログを書く際、
読んだ人にどのように行動してほしいかを前もってイメージしておきます。

 

 

例えばリフォーム会社がブログを書く際、
訪問者に見積もりを申し込んで欲しいと思ったら、

最後の必ず見積もり申し込みフォームに飛ばすことが重要です。

 

 

ホームページ訪問者は確実にリフォームに興味があります。

 

「この会社はどういったリフォームをするのだろう。」

「どういった人がリフォームをするのだろう。」

「価格はどれくらいなんだろう。」

「リフォームに対する情熱ってどんななんだろう」

 

 

こう言ったことを考えてリフォーム会社のホームページにやってきます。

 

 

ですので執筆者は、
自分たちの考えを伝える文章を書き
出来映えが分かる写真をアップします。

 

 

そして最後に

⇒リフォームのお見積もりはこちらからできます。

と言う風に申し込みフォームに飛ばすことが重要なのです。

 

 

ただ日々の作業記録を書いていても爆発的な収益は期待できません。

 

読んだ人は「ふ〜ん。」で終わってしまいます。

 

ですが最後の文に、

 

リフォーム見積もりは無料です。
是非お気軽にご相談ください♪

もちろんしつこい勧誘は一切しませんのでご安心と♪

 

リフォーム見積もり依頼はこちらで簡単にできますよ。

 

⇒【無料】見積もり依頼フォーム

 

このように文の最後に相手に行動を促すだけで
結果は大きく変わってきます。

 

 

見積もり依頼するメリットを伝え
不信感を消す言葉を付け加え
簡単に無料で見積もりができることを書き
最後にフォームに飛ばすリンクを付けます。

 

 

これだけで成果は大きく変わりますので
是非実践してみてください。

 

 

 

 


関連記事

ピックアップ記事

  1. IMG_7741

    2017.8.24

    海外転々 自由に生きていくために必要なこと

    こんにちは。お富です。今日は仕事のためにフィリピンのマニラに来ています。
  2. surprised-kid-sitting-at-table-000088613931_Small-e1469687691332-1

    2017.7.15

    限定メンバー募集

    【限定メンバー募集】こんにちは。お富です。
  3. james-garcia-76877

    2017.6.1

    なぜ「1日1人、誰かを怒らせる」べきなのか

    なぜ「1日1人、誰かを怒らせる」べきなのか僕らはWEB上に文章を書いてお...

お富出版書籍 Amazonで絶賛発売中