BLOG

余命1年と診断されました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【余命1年と診断されました。】

 

こんにちは。
お富です。

 

昨日健康診断に行ったら、余命一年と診断されました。
宣告された瞬間僕の心は高ぶり、なんとも言えない苦しみを感じました。

 

 

目の前からは色が消え、全てがモノクロに見え始めました。
音も何も聞こえません。

 

そしてなぜか今までの人生を後悔しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、この話は僕が夢の中で見た本当の話です。

 

 

「なんだよ!夢の話かよ!」
と怒らないでください。

一応夢では本当の話なので。
現実は今のところ健康です。

 

 

 

 

 

で、これは夢の中の話ではあるのですが、
もしこれが現実だったらどうなんだろうということを深く考えました。

 

 

 

健康診断に行き、再検査が伝えられ、
そして再検査に行き診断がでます。

 

医者の表情が険しく、何かを言いにくそうにしています。

 

そこで出た言葉

「あなたの余命は1年です」

 

 

 

あなたならこの瞬間どう思うのでしょうか?
来年の今、自分はこの世にいないと通告された瞬間どう思うのでしょうか?

 

 

今までのことやこれからのこと、
家族や子供のことをどう思うのでしょうか。

 

 

僕は夢の中でこのシーンに遭遇した時
今までのことに後悔しました。

 

いろんな人に謝りたくなったし、
今までの生き方になぜか後悔してしまいました。

 

もっと家族や友人を大事にしていれば良かったと思ったし、
もっと社会的に価値のあることをすれば良かったと感じたのです。

 

 

 

でも実際に余命一年という時は必ず存在します。
それはいつかわかりません。

 

もしかすると本当に今「余命一年」かもしれません。
来年の今この世を去っているかもしれません。

 

 

 

 

僕はこの夢でいろいろなことを考えされられました。
「もし本当に余命1年だったら今何をするのかな。何をするべきなのかな。」
ということを考えました。

 

 

 

僕の発信する情報というのは「お金を稼ぐ」ということがメインになっていますが、
でも本当はお金を稼ぐということは死ぬ時にはなんの役にもたたないんですよね。

 

 

もちろんお金は大事です。
生きるために必要ですしお金がないと周りの人に迷惑をかけます。

 

ですのでお金は大事です。
だけど金を稼ぐということが目的になってはいけないと思うんですよね。

 

 

いくら大金を稼げても、幸せを感じなかったら不幸です。
だからお金を稼ぐことが目的になってはいけないと思います。

 

 

今回の夢を見て、
「やっぱり人生は自分のしたいことをするというのが幸せなんだ」と実感しました。

 

 

金のことを考えているといい気分ではないんですよね。
金は欲しいんだけどそのことばかり考えているとなんか気落ちしてしまうんです。

 

 

 

だから「今あるもので満足」という考え方も時には大事なのかなと思います。
もっと上を目指すというのも大事ですがそれをずっとやっていたら疲れますからね。

 

 

自分の満足度合いを決めて、
そこを達成できたら幸せというところを決めるといいと思います。

 

 

 

もし余命1年ということがわかったら、
金を稼ぐということは重要にはなりません。
そこに全精力は注がなくなります。

 

 

余命一年と宣告されたら
家族と普通に暮らすことを望みます。

 

 

ということは、今の自分が本当にやりたいことは
「家族と平凡に暮らす」ということがわかりました。

 

 

 

 

「余命一年」という嫌な夢ではありましたが、
自分のこれからを考えられる有益な夢でありました。

 

 

 

 

あなたがもし今この瞬間「余命一年」と宣告されたら
残りの一年何をしたいですか?

 

 

それが本当にやりたいことなのかもしれません。

 

 

 

それができたら幸せですね。

 

 

 

 


関連記事

ピックアップ記事

  1. IMG_7741

    2017.8.24

    海外転々 自由に生きていくために必要なこと

    こんにちは。お富です。今日は仕事のためにフィリピンのマニラに来ています。
  2. surprised-kid-sitting-at-table-000088613931_Small-e1469687691332-1

    2017.7.15

    限定メンバー募集

    【限定メンバー募集】こんにちは。お富です。
  3. james-garcia-76877

    2017.6.1

    なぜ「1日1人、誰かを怒らせる」べきなのか

    なぜ「1日1人、誰かを怒らせる」べきなのか僕らはWEB上に文章を書いてお...

お富出版書籍 Amazonで絶賛発売中