BLOG

情報発信の重要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6843ab13a88adb21da36fd20662ed782_s

【お富】第二回web豆知識~情報発信の重要性

こんにちは♪

お富です。

 

 

5月11日のwebセミナーの概要が

決まりましたのでご連絡させて頂きます。

 

 

5月11日(月)
料金:1000円
場所:新潟市市民活動支援センター(通称シミセン)
小研修室
時間:19:00~21:00
アクセス:〒951-8507
新潟市中央区西堀前通6番町894番地1 西堀6番館ビル3F
TEL/FAX 025-224-5075

https://www.shimin-ouen.com/use_center/access/

駐車場あり(4時間無料)

 

 

参加希望者はこちらにご登録お願い致します。

 
参加申し込みページ

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UaahylTo

 

 

 

 

今回は情報発信の重要性についてお話しします。

 

 

これからの時代は
どんどん自分を出して多くの人に知ってもらう必要があります。

 

 

インターネットは一瞬で全世界、全国の人と繋がることができますし
多くの人に自分の事を伝えることができます。

 

 

 

 

例えば、趣味で子供の写真を撮っている方がいました。

 

 

 

寝ている子供に変装をさせてそれをブログでアップしていたところ
それが出版社の方の目に留まり、写真集を発売したという実例もあります。

 

 

 

また趣味で作っていたアクセサリーをブログでアップしていたところ
「売って下さい♪」という問い合わせがきて
ネットショップを立ち上げたという方もいます。

 

 

 

 

フィンランド在住の日本人が
フィンランドの情報をブログで発信したところ
フィンランド好きの日本人が集まる人気ブログになりました。

 

 

 

僕自身も、webで学んだことをブログに書いていたところ
ある起業家の目に留まり、「セミナー講師をして下さい」という連絡を頂き
実際にセミナー講師をさせて頂いたという経験もあります。

 

 

 

個人がもの凄い影響力を持てる時代です。

 

 

情報発信というのは、
可能性をゼロからイチにするとても重要なことだと思っています。

 

 

 

もし何も情報発信をしなければ未来は何も変わりません。
自分も変わりませんし、人に影響を与えることもありません。

 

 

 

ですがブログなどで情報発信すれば、必ず誰かは見てくれます。

 

 

 

インターネットはいつ誰がどこで見るか全く予想もつきません。

 

 

 

情報発信を始めた瞬間から未来は変わります。

 

 

 

小さな行動の積み重ねがやがて大きな結果になると思います。

 

 

 

 

しかもひすい塾のように志高い人たちと一緒に協力し合えば
想像もつかない結果が生まれると思っています。

 

 

 

 

お互いの強みを生かし、新たな仕事も生まれるでしょうし
人から求められるサービスなども考えられます。

 

 

 

その一つのツールとしてwebで情報発信が極めて重要な時代に入りました。

 

 

最初はアメブロのような無料で使えるブログでも構いません。

 

 

 

そこで文章力を鍛え、伝える技術を身につけ
地道に仲間と繋がっていくことがとても大事だと思います。

 

 

 

 

今から始めれば、必ず未来は変わります。

 

 

 

インターネットは全国の人と一瞬で繋がれる素晴らしい通信システムです。

 

 

 

これを活用せずにはいられません。

 

 

 

インターネットには本当に便利な機能もあります。
それを知っているだけでも大きなメリットもあるのです。

 

 

 

そんな役立つ情報もこれからご提供していきますね!

 

 

 

ありがとうございました!!

 

 


関連記事

ピックアップ記事

  1. IMG_7741

    2017.8.24

    海外転々 自由に生きていくために必要なこと

    こんにちは。お富です。今日は仕事のためにフィリピンのマニラに来ています。
  2. surprised-kid-sitting-at-table-000088613931_Small-e1469687691332-1

    2017.7.15

    限定メンバー募集

    【限定メンバー募集】こんにちは。お富です。
  3. james-garcia-76877

    2017.6.1

    なぜ「1日1人、誰かを怒らせる」べきなのか

    なぜ「1日1人、誰かを怒らせる」べきなのか僕らはWEB上に文章を書いてお...

お富出版書籍 Amazonで絶賛発売中